年季の入った『舟』

DSC_0688.JPG今日はびっくりするぐらい暑かったですね!輪島では36℃を超え、日差しも真夏のようでした。
明日も暑くなりそうで、秋の気配が吹っ飛んでしまったようです。
では今日のお話しです。今回は、輪島でお箸に漆を塗るための道具である『舟』についてです。
写真でもわかるように、『舟』は鉄で出来ています。なので結構重く、ズシッとした迫力があるでしょ!
お箸を塗る部分には、ゴムがセットしてあります。このゴムに箸を差すことによって、『舟』に溜めてある漆を塗ります。漆を塗ったそのお箸を抜くことにより、余分な漆をそぎおとし満遍なくお箸全体に漆が塗られることになるんです。
口で言うのは簡単ですが、お箸を抜く速さや、方向により出来上がりがまったく変わってくるほど、繊細な仕事です!
『舟』を使いこなすことこそ、箸屋の生命線です!

前の記事

敬老の日

次の記事

箸の頭を塗る機械