お箸の修理5

DSC_0718.JPG今日は月曜日、忙しい一日になりました。来客あり電話ありと、ずっとバタバタ飛び回ってました!
さあ、今日のお話しです。先日からお話ししているお箸の修理の続きです。
前回は修理部分に漆を塗ったところまで紹介しました。
今回は、その上に乾漆粉を付けた所を紹介します。
漆を塗り、それが乾かない内に乾漆粉を付け乾かすんです。
乾漆粉を付けることにより、箸先が丈夫になるとともに、食べるときに滑らなくなるんですよ!
今は、この箸先が乾漆仕上げのお箸が主流となってます。
では今回のお話しはここまでです。次回をお楽しみに!!

前の記事

輪島の朝市