沈金春秋

DSC_0850.JPG今朝は冷えましたね〜。道路もバリバリでした。
今日は請求書を書いているため残業中です。もう少しかかるかな!
では今日のお話しです。今回は、沈金のお箸についてです。
沈金は、輪島が得意な技法で、輪島塗りを代表するものです。
このお箸は、片側には桜・もう片側には紅葉を描き、春秋を表現しています。
日本人には馴染みが深い図柄で、とても人気があるんです。
今年は、このお箸を前面に出して売り出そうと思ってます!

前の記事

朝いっちゃん

次の記事

転写シール