艶上げ

DSC_0108.jpg今日は、輪島高校でチャレンジウォークという催しがありました。読んで字のごとく、長距離を歩くんです。
娘は歩いて参加しましたし、妻はサポートとして、参加者に振るまう『豚汁』を作るお手伝いとして参加しました。私は留守番で仕事でした。
暑い中、みんな頑張ったようです。良かった!
では今日のお話しです。今回は、お箸の艶上げについてです。
写真のお箸は、『極上青貝乾漆』といいます。
青貝を蒔いた場所の艶上げをしている工程です。いわゆる『呂色』という作業です。
この工程をしっかりやらないと、せっかくの青貝が台無しになるんです。
分業が進んでいる輪島では、呂色も専門の方がおられますが、岩多箸店では自分たちでやってるんです。
これだけの数のお箸が並ぶと、壮観でしょ。
完成まではまだまだかかりますが、キレイなお箸を作っていくぞ!

次の記事

あやめ扇