名入れ

DSC_0797.jpg今日は久しぶりに雨の一日でした。ここのところ本格的な雨が降ってなかったので、恵みの雨ですね。降りすぎは困りますが・・・。
では今日のお話しです。今回は名入れについてです。
名入れとは、お箸に会社やお寺の名前を入れることです。
輪島では、ゴム製の判子に漆を塗り、その上でお箸を転がして名前を入れます。
写真は、市松というお箸の空白部分に名前を入れています。あまりやらないことですが、お客様の強い要望です。
このサンプルを見てもらい、正式注文になるかどうか決まります。
気にいってもらえたらいいな!

前の記事

お殿様お姫様

次の記事

打出のこづち