沈金のお箸

DSC_0118.jpg今日は、当店の商品の中から、沈金のお箸の紹介をさせていただきます。
沈金とは、まず、うるしを塗ってあるところに沈金のみで模様を彫ります。
その彫ったところにうるしを塗り込み、そこに金箔や金粉等を貼ります。
うるし乾いたら、余分な箔や粉を拭き取れば完成です。
いろいろな漆器産地で行われていますが、特に輪島塗りが有名です。
このお箸は、今までお話ししたように、とても輪島らしい一品です!!

前の記事

うるし

次の記事

稲穂