堆朱のお箸

DSC_0147.jpg今日は午後から雨が降りだし、すっきりしない一日でした。
今日からAKB48の練習が始まり、体がついていかないことを実感しています。
では今日のお話です。今回は堆朱のお箸についてです。
堆朱とは、本来は朱色の漆を塗り重ねたもののことをいいます。しかし、現在は違う色の漆を何回も塗り重ね、それを研ぎ出すことにより、断面が模様のように浮かび上がってくる技法のことをいうこともあるようです。
今日の写真は、岩多箸店で製作した堆朱のお箸です。
このお箸は、十年以上前に漆を塗り重ねたお箸です。漆は時間が経てば経つほど冴えてきますので、本当に綺麗なお箸に仕上がっています。
在庫があまり無いので、売り切れたら販売終了となります!
このお箸の艶を、ぜひ現物で見ていただきたいです!

前の記事

乾漆!