菜箸の製作!

DSC_0169.jpg今日はいいお天気でスタートしましたが、午前11時頃ゲリラ豪雨のような強い風雨がありました。干していた洗濯物が濡れて、もう一度洗濯しないといけなくなり、妻は大変な目に遭っていました。
さて今日のお話は、菜箸の製作過程についてです。
写真は、判子による蒔絵を施しているところです。右に見えるローラーでうるしを判子に塗ります。その上で菜箸を転がして蒔絵を付け、左の手板に立てていきます!
この菜箸は蒔絵の工程が最後となり、あとは袋詰めされて出荷となります。この菜箸は今週中に九州に出荷となります。
ちなみに、この判子蒔絵の作業は、私がやっています。
岩多箸店では、このようなお箸も作っているんです♪

前の記事

お酒の紹介

次の記事

ザ・クリスタルボール