その時歴史が動いた

DSC_0182.jpg今日は雨も小雨程度でおさまり、蒸し暑い一日でした。
久しぶりにウォーキングをしたんですが、適度に汗をかき、気持ちが良かったです。やはり、体を動かすのはいいな〜と思いました!
では今日のお話です。
今回は、先日お話しした接骨院で読んだ本についてです。
その本は、NHKで放送されていた『その時歴史は動いた』の司会をしていた松平定知氏の著書です。
私は歴史物が好きで、良く読みます。この本も楽しみに読みました。
感想としては、あまり面白くありませんでした。次はどうなるのか、とか感心させられることも少なく、なかなか読み進められ無い本でした。
もう少し日本史を学んでから読むべき本だと思いました。

次の記事

〆さば