金粉付け!

DSC_0188.jpg今日は久しぶりに良いお天気でした。秋の行楽シーズン真っ盛りで、輪島にもたくさんの観光客の方々が来られて、賑やかです!
では今日のお話です。
今回は金粉付けについてです。
このブログで以前紹介させていただいた判子蒔絵は、判子でうるし絵を描き、その上に金粉を付けて蒔絵を完成させます。
写真は、金粉付けの道具一式です。うるし絵の乾き具合を確認し金粉を付けるんですが、早いとうるしがにじんでしまうし、遅いと金粉が付かなくなってしまいます。このようにタイミングが大切なんですよ!
写真の金粉は本金ではありませんが、本金を使う蒔絵もあり、その時はより一層タイミングが大事で、気を張る仕事です!

前の記事

箸屋の道具シリーズ