能登空港

DSC_0212.jpg今日は日中あられも降り、とても寒い一日でした。
先日、久しぶりに能登空港へ行って来ました。飛行機に乗るためではなく、お箸の配達です。
能登空港の二階にある売店に、岩多箸店のお箸を置いていただいているんです!
その能登空港での展示物 についてお話ししたいと思います。
一階ロビーに、キリコと北前船の模型が置いて有りました。
キリコとは、能登の夏祭りに皆で担ぐものです。神輿をイメージしていただいたらわかりやすいと思います。
北前船は、江戸時代から明治時代にかけて、大阪と北海道を結ぶ日本海側の航路を行き交う船のことです。輪島にも帰港していたので、飾ってあったんです。
能登の玄関口である能登空港に、能登らしいものを展示することは、大事なことですね!

前の記事

輪島の美味しいもの

次の記事

かわいい来訪者