輪島ふぐのロゴが入ったお箸ができるまでを、始めから紹介します

皆さんこんにちは。朝方の土砂降りも上がり、今の輪島はいい天気です。昨日梅雨明けもしたし、これから暑くなりそうです。

工場のツバメがいよいよ飛ぶ練習を始めました。5メートルほどですが、巣と棚を行ったり来たり。もうすぐ旅立ちですね。寂しくなりますが、嬉しい!

では今日の話しです。今回は、オリジナルデザインのお箸ができるまでについてです。

岩多箸店では、先日輪島ふぐのお箸を作りました。この時の話しです。

まずやることとしては、デザインの確認です。

輪島ふぐのロゴは、輪島市が作成したものなので、輪島市に使用を承認してもらわなければなりません。そこで観光課と交渉を開始。

同時に、輪島ふぐの版の作成も開始しました。

観光課の内諾を得て、試作のお箸を作成。観光課に正式な書類とともに試作のお箸を提出しました。お箸とともにストラップも作りたいとして!

検討後、正式に使用承認書が届きました。

これで、晴れて輪島ふぐのお箸とストラップの製作が可能となりました。

それで製作したのがこのお箸。かわいいでしょ!

これはストラップ。

ざっと流れはこんな感じ。

輪島ふぐをPRするためにも、これから売り出すぞ!