箸屋の道具紹介シリーズ

DSC_0234.jpg先程まで、所さんの『笑ってこらえて』のマーチングバンド編を見ていました。高校生のひたむきさを見て、久しぶりに感動させてもらいました!
では今日のお話です。
今回は、箸屋の道具紹介シリーズです!
写真は、締め風呂です。以前紹介したものと違い、下に蛇口が付いています。
この蛇口からお湯を出し、下の受け皿にお湯を貯めて使います。
この締め風呂は、うるしの乾き具合いを調整し、金粉を付けるのに最適にするためのものです。
この時期は、寒いし湿度も低いので、漆の乾きが悪くなります。そこで、この締め風呂を使い湿度を高めることで 、調整するんです。
これは、箸屋独特の施設だと思います!

前の記事

合格箸

次の記事

たくさんの判子たち