うれしいお手紙

DSC_0237.jpg今日輪島では初雪が降りました。
輪島で一番高い高洲山がうっすらと雪景色になっているのが見えて、きれいでした。
今日は、うれしいお手紙をいただいたので、その事についてお話ししたいと思います。
先日、輪島市の松陵中学校のPTAの方から、『福島県に同じ名前の中学校が二校あります。これも何かの縁なので、支援物資を送りたいと思っているんです。』とのお話しがありました。
私たちも、能登半島地震の時はいろいろな方からご支援をいただきましたし、松陵中学校は嫁の母校ということもあり、お箸を支援物資として寄付させていただきました。
そうしたとろ、本日福島市の松陵中学校の生徒さんから、お礼のお手紙をいただきました。
内容を見て、まだまだ大変な時期は続いているものの、これからも福島市に住んでいくという復興に向けた決意が強く感じられました。
思いがけずこのような素晴らしいお手紙をいただき、こちらの方が元気をもらいました。
また機会を見つけて、自分にできる支援をしていきたいと思います!

前の記事

たくさんの判子たち

次の記事

特注品!