輪島の冬の風物詩

DSC_0302.JPG今朝は久しぶりに雪かきから仕事が始まりました。午前中、除雪車が工場の前を除雪してくれたので、その後片付けもしました。午前は雪かきばかりで、体がくたくたです!
では今日のお話しです。今回は、輪島の冬の風物詩である『水ようかん』についてです。
水ようかんといえば、夏の食べ物のようなイメージがあると思いますが、輪島では冬の寒い時期に食べるんです。また、水ようかんの入れ物にも特徴があって、小さくて上品なものではなく、プラスチックのパックにドカンと入っています。
輪島には、水ようかんを作っている和菓子屋さんがたくさんあり、それぞれ味が違うんです。
写真の水ようかんは、あんこ屋さんであり、同級生の実家である北川製餡所さんが作っているものです。
甘過ぎない仕上げになっており、私が好きな水ようかんなんですよ!

次の記事

しぼりたて