犬の子まき

DSC_0319.JPG今日も穏やかな一日でした。雪を早く解かすため、雪の固まりを崩す作業をしました。
今週末から、また寒波が来そうですが、あまり雪が降らなければいいですね!
では今日のお話しです。今回は、『犬の子』まきについてです。
『犬の子』とは、お釈迦様の臨終のときに駆けつけた十二支のうち、犬やへび・鳥などを米粉で作った団子のことです。
輪島では、2月15日に行われる『涅槃会』でまかれるんですよ!
この『犬の子』は、『いんのこ』と呼ぶんです。
写真の『犬の子』は、法蔵寺でまかれたもので、普通より少し大きめです。このように、お寺によって、いろいろな形があるんです!