仕掛かりのお箸

DSC_0353.JPG今日は、今までとは少し違ったお箸の話しをさせていただきます。
どこが違うかというと、今まで紹介してきたお箸は、すべて岩多箸店で製作したものでした。しかし、今回紹介するお箸は、製作途中のお箸を仕入れたものなんです。
このお箸は、他の会社で製作途中になっていたものを、どうしてもと頼まれて引き受けました。
手描蒔絵のお箸なんですが、花や葉も未完成でしたので、蒔絵師の先生にお願いし、完成させたのが写真の状態です。
普通であれば、ここから頭を切断し、うるしを塗れば完成です。しかし、塗りもあまりいい状態ではないので、もう一工夫加えようと思っています。
どのような仕上がりになるか、楽しみにしていて下さい。近日中に完成品を紹介したいと思います!!

前の記事

和紙結び箸置