花嫁のれん

DSC_0354.JPG今日は、弟たちが輪島に来ました。そうなれば、やはり酒盛りです。私の家から、三本日本酒を持って行き、全部飲んでしまいました。いいお酒だったので、もう少し味わって飲めば良かったかな〜!
では今日のお話しです。今回は、能登空港に飾ってあった花嫁のれんについてです。
花嫁が嫁入りの時に『花嫁のれん』を持参し、花婿の家の仏間の入口掛けます。儀式が終わった後、花嫁がのれんをくぐり、先祖にお参りしてから結婚式が始まったそうです。
石川県では広く見られた風習のようですが、私は知りませんでした。
4月29日から七尾一本杉通りで花嫁のれん展が開催されます。
今回は是非見に行きたいと思います!

前の記事

曳山祭

次の記事

四季桜にごり生酒