波しぶき

DSC_0382.JPG今日は、晴れたり雨が強く降ったりと目まぐるしく変わる天気でした。天気予報では、明日雪マークが出ています。いつまで雪が降るんでしょうか?
では今日のお話しです。今回は、『波しぶき』というお箸についてです。
このお箸は、下地に輪島地の粉を使用し、すべてうるしで仕上げてある、いわゆる輪島塗のお箸です。
写真を見ていただくと、二膳とも同じような模様に思われますが、実は作り方に大きな違いがあるんです。
一つは、黒のうるしの上に赤のうるしを塗り重ね、研ぎ出したもの。もう一つは、赤のうるしの上に黒のうるしを塗り重ね、研ぎ出したものなんです。
製作する時には、もっと違いが出ると思っていたんですが、予想外にあまり違いが出ませんでした!
しかし、味のある良いお箸が出来たので満足しています!

前の記事

大荒れの袖ヶ浜

次の記事

頭を削る