輪島らしくないお箸

DSC_0413.JPG明日からゴールデンウィークの後半が始まります。あまり天候は良くなさそうですが、たくさんの方々に輪島に来ていただきたいです。
では今日のお話しです。今回は、輪島らしくないお箸についてです。
写真のお箸は、下の部分が拭きうるしになっており、上の部分は色うるしで仕上げてあります。特徴的なのは、頭を丸めてあることです。
この頭を丸めることが、輪島では少ないんです。輪島のお箸の主流は、頭の部分を真っ直ぐ切断し、その面に黒の塗料を塗って仕上げるんです。
今では頭を丸める機械も開発されるほど増えているんです。
今の流行りをどんどん取り入れ、輪島に新たな風を吹かそうと思います!

前の記事

にっぽん丸