ししっぽのフライ

DSC_0436.JPG今日は午後から金沢に行って来ました。道もすいていて、いいドライブになりました。用事さえなければ良かったんですが・・・
では今日のお話しです。今回は、『ししっぽ』のフライについてです。
ししっぽとは輪島の方言で、標準語では『かながしら』という魚のことです。
色は赤く、海のそこをはい回っている魚で、ひげがあり愛嬌のある魚です。
輪島では、このししっぽを良く食べます。塩焼きもあるんですが、なんといってもフライが一番です。
白身の魚なんですが、淡白ななかにも味わいがあるんです。
私は、数ある魚料理のなかで、このししっぽのフライが一番好きです!

前の記事

四角のお箸

次の記事

細い箸木地