箸木地の仕入れ

DSC_0443.JPG今日は、フランスの方が岩多箸店に来られました。輪島商工会議所に研修で来られたそうです。
工場見学で、箸作りの工程がすべて人の手で行われていることにびっくりされていました!漆器に興味があるとのことで、自国に戻って少しでも漆器の良さを広めて欲しいと思います。
では今日のお話しです。今回は、箸木地の仕入れについてです。
岩多箸店では、輪島の業者から箸木地を仕入れています。
一回に仕入れる木地は、一万膳以上なんですよ!この仕入れを、月に数回行います。
紙には、太い木地で5月16日製造・一箱1,100膳という意味のことが書いてあるんです。
これだけたくさんの箸木地を仕入れていても、同じだけ商品としてのお箸が出ていくので、倉庫が一杯になることはないんです。
これでも、数年前と比べてだいぶ減ったんですよ!
この減ったぶんを、すぐには無理かも知れませんが復活させるべく頑張っていますので、よろしくお願いします!

前の記事

ぼん『ときしらず』

次の記事

箸を選別する道具