お箸で作られた『きりこ』

DSC_0464.JPG今日は、銀行員時代の後輩が輪島に来たので、お昼を一緒に食べました。少し豪勢にお寿司にしました。『助寿司』さんで輪島の美味しいお寿司を腹一杯いただき、後輩も大満足でした。
では今日のお話しです。今回は、お箸で作られた『キリコ』についてです。
『キリコ』とは、能登の夏祭り・秋祭りに担がれる大きな灯籠のようなものです。
この『キリコ』をお箸で作っている方が輪島におられるんです。
写真の『キリコ』は、その方からいただきました。
お箸の柄も上手く使ってあり、とても細かく出来ているんですよ!
皆さんも、一家に一台どうですか?

次の記事

輪島市民まつり