うるしの塗り重ね

DSC_0509.JPG今日は、もう使えないような古いお箸を処分しました。もう少し早く気付き、工夫すれば使えたであろうお箸なので、さびしく、くやしい気持ちでした。このような気持ちは二度と味わいたくないと強く思いました。反省です!
さて今日のお話しです。写真を見ていただくとわかるように、うるしを塗ったお箸がたくさん立っています。
このお箸は、塗分青貝の製作途中です。青貝をお箸に付け、その上から色うるしを塗り重ねていくんです。写真は黄色のうるしが塗ってあるでしょ!
これからまだうるしを塗り重ねていくんです。
その後、研ぎ出し・艶あげなど、まだいくつもの工程を経て完成品となります。
お箸も、手間隙かけて出来ているんです!!

前の記事

さば寿司

次の記事

天削のお箸