のし紙

DSC_0516.JPG今日は私の誕生日でした。いよいよ四捨五入すると五十才になる年齢になりました。三十才以降はあっという間だったような気がします。
これからの五年間が勝負だと思っていますので、元気を出して頑張ります!
では今日のお話しです。今回は、のし紙についてです。
お箸は細長いので、通常ののし紙では合わないんです。
そこで輪島では、お箸の箱に合う専門ののし紙があるんです。
写真ののし紙がそうです。通常ののし紙よりシンプルでしょ!
このようなのし紙があるほど、輪島では引き出物や記念品にお箸を使うことが多いんです。
この流れが全国に広がるよう、地道な活動をしていきたいと思います!

前の記事

紫檀のお箸

次の記事

のこぎり