さびうるし

DSC_0532.JPG今日の夕方、どしゃ降りになりました。数年前に工場の前の用水路が氾濫したことがあり、少し心配でしたが、まもなく小降りになりました。今晩が大雨の峠のようですが、あまり降らないことを願っています。
では今日のお話しです。今回は、さびうるしについてです。
さびうるしとは、砥の粉を水で練ったものに、生うるしを混ぜた物です。
箸屋では、このさびうるしをどのように使うかと言うと、お箸の修理に使うんです。
皆さん、お箸が凹んだり、漆が欠けて木地が見えたりしたことはありませんか?
このような時が、さびうるしの出番です。お箸の凹んだ所や欠けた所を、さびうるしで埋めるんです。
乾いた後、表面の高さが同じになるように研ぎ、うるしを塗って仕上げます!
直せない場合もありますが、長い間大事に使った愛着あるお箸が、直せるかも知れないって素晴らしいことだと思いませんか?
もし何かあれば、お気軽にご相談下さい!

次の記事

和倉温泉