漆を濾す

DSC_0538.JPG今日はたくさんのお客様に来店していただきました。皆さん異口同音に景気が悪いと話されており、気分も暗くなりそうです。しかし話しの中には、これからのヒントになりそうなこともありました。明るくやっていこう!
では今日のお話しです。今回は漆を濾す作業についてです。
写真は、赤の漆を濾しているところです。
漆は何故濾すのかというと、漆の中のゴミを取り除くためです。漆を濾さないと、塗った後の仕上がりに影響してしまうんです。
漆の濾し方は、吉野紙に漆を入れ、『うま』という道具にセットし、絞るように捻ります。この時、あまり強く捻らず、漆の重さで濾すことが大事なんです。
岩多箸店では、漆のお箸を塗る時には、この漆を濾す作業を五回以上するんです。それだけ漆を使うんです!
この漆を濾す作業を見ていると、心が休まりますよ!

前の記事

乾漆粉

次の記事

箸先の修理