日本の箸は若狭塗りの箸が多いですが輪島塗産地でも箸をつくっています

日本の箸は若狭塗りの箸が多いですね。なんでも国内の8割以上のシェアがあるそうです。
しかし、輪島塗産地でも箸をつくっています。

手描蒔絵 花菱

蒔絵(黒)伝統工芸士、手描蒔絵天然うるし、先乾漆本金仕上げ
天然うるし、先乾漆本金仕上げ

輪島地の粉にて下地を施し、すべて天然漆で仕上げている。

箸先は乾漆仕上げとなっており、すべりにくくなっている。

その箸に、手描の蒔絵により、花菱の模様を表現している豪華なお箸。

次の記事

来年の干支は辰