刷毛の手入れ

DSC_0605.JPG今日から岩多箸店の営業が始まりました。長かったお盆休みも終わり、後半戦のスタートです。
前半戦の出遅れを取り返すべく、頑張っていきます!
今日は、漆塗りの必需品である刷毛の手入れについてです。
刷毛にも色々種類があるんですが、今日は檜皮の刷毛の手入れを紹介します。刷毛の毛の部分が、檜の皮でできているんですよ!
刷毛も使っていくと痛んできます。そこで、傷んだ部分を切り落とし、刷毛の部分を新しくするんです。
刷毛は、持ち手の部分まで芯が入っているので、外側を削ることで新しい部分が出てきます。
この刷毛は檜皮でできており、新しい部分は固いため、金づちで馴染ませます。写真はその作業の様子です!
道具を大切にすることで、いいお箸が生まれるとの考えを大事に、これからも仕事をしていきます!!

前の記事

家族ポンジャン

次の記事

北雪