お箸の華燭

DSC_0609.JPG残暑が厳しいですね!天気予報ではもうしばらく続きそうです。
それでも私は、食欲もあり夏バテ知らずです。ありがたいことに・・・今のところは。
今日のお話しは、お箸の華燭についてです。
このお箸は、錆漆を使っています。錆漆とは、砥の粉と生漆を混ぜ合わせたものです。
この錆漆でお箸の表面を盛り上げ、趣を出すんです!
刷毛で錆漆を塗っていくんですが、これが難しい工程なんです。
このような工程を経て、岩多箸店独自のお箸ができるんです!!

前の記事

入道雲